ガラケーからスマホへ!

鶴見営業所 石井所長

3月下旬のある日、いつもベルトに巻いて持ち歩いていた、ガラケーの携帯電話がいつの間にかなくなっていました。
車庫内で見つけた時は、ぺちゃんこ状態。地面に落として車に轢かれたと考えられます。

携帯電話が無ければ仕事になりませんので、午後から携帯電話ショップに取り換えに行きました。
しかし、店にはガラケーの機種は無く、取り寄せるのには1週間から10日は掛かると言われ、仕方なくスマホに変えました。
使ってみると自分でも簡単に操作できて、習うより馴れよとは、よく言ったもので以外とスムーズに使いこなせました。

間もなく平成から年号も令和に代わりますが、私自身も新しい気持ち、未来に向かって行かなければいけないと思います。
いつまでも足踏みせず、写真のスマホみたいに、大きな心を開き真っ直ぐにこれからの人生を進んでいきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA